自筆証書遺言が身近になる?

今回の相続、連絡のつかない相続人がいて、どうなることかと思ったけど、公正証書遺言が出てきて、無事相続手続きができてよかったね!

 

 

亡くなってからの手続きだと、連絡の取れない相続人や認知症の相続人がいるとスムーズにいかないことがよくありますよね・・・もっと遺言証が身近になってくれたらよいのだけど・・

 

 

そういえば今年の7月から、法務局で自筆証書遺言の預かりが始まるね。

民法改正で、自筆証書遺言は身近なものになるのかな?

 

 

どうだろう。自筆証書遺言の改正ポイントについて先生にきいてみましょう。

 

 

 


自筆証書遺言の改正ポイント


(1)自筆証書遺言を法務局で保管(令和2年7月~)

改正後は法務局で自筆証書遺言が保管でき、法務局で保管された遺言書については検認が不要に。

※自筆証書遺言書保管制度の手数料一覧・遺言書保管所一覧

 

(2)財産目録がパソコンで作成が可能に(平成31年1月~)

改正前は全文自筆で書くことが要件で負担が大きく、誤字脱字なども散見されましたが、改正後はパソコンで作成OKとなり、負担軽減による遺言の普及とトラブルの減少が期待される。

 今まで自筆でないとダメだったのに、パソコンで作成できるようになったにのは、手軽に描けるようになっていいね。

 

 

そうね。手書きでたくさん財産があるとどうしても時間がかかってしまうしね。(1)の法務局で保管された自筆証書遺言は検認が不要だというのはとても大きいね。検認は相続人全員が集まったり大変だったからね。

 

 

しかし、検認とは変更・ねつ造されたことがないことを確認するにすぎず、遺言証の有効・無効を証明するものではないんですよ。

公正証書遺言は、遺言能力を欠く場合のみで遺言能力さえ担保されていれば、遺言書が無効になることはありません。

 

 

そうなんですね。やはり確実に財産を承継するには公正証書遺言なのですかね。

 

 

 

そうですね。それに単に財産の承継だけでなく、遺留分の対策や遺言執行者などの問題点の洗い出しもできますので、専門家に相談することは大切ですね。