遺留分って?


遺留分とは・・・


遺留分とは相続人間の不平等感を軽減するため相続財産の一定の割合を請求できる権利です。

遺留分は法定相続分の半分(ただし、直系尊属の場合は3分の1)と定められています。遺言で全財産を相続人の1人に託す、となっていても他の相続人は、全財産を相続した相続人に対し、法定相続分の半分は請求することができます。

 

例えば、相続人が妻と子2人で、遺言書に『相続財産はすべて妻に相続させる』となっていたとしても子は法定相続分である1/4の半分、つまり1/8は遺留分として請求できる権利があります。

遺留分を請求できる期間は被相続人の死亡を知ってから1年です。(1年で時効)遺留分を侵害している相続人に遺留分を請求することを遺留分減殺請求といいます。

 

遺留分は誰にあるの?


遺留分は兄弟姉妹以外の相続人にあります。よって遺留分があるのは               

□配偶者 

□子とその代襲者 

□両親・祖父母等の直系尊属です。

例えば被相続人に子がおらず父母や直系尊属がすでに亡くなっており、被相続人の配偶者と兄弟が相続人であった場合、配偶者にすべての財産を相続させるという遺言があったとしても、兄弟姉妹は遺留分がないので請求できません。


遺留分による弊害


遺留分が存在することにより、様々な弊害が起きます。相続財産が現金であれば、遺留分の現金を渡せば良いのですが,相続財産がほとんど不動産で、遺留分に相当する場合の現金がなかったときは大変です。不動産の名義を共有にせねばならず、売却や処分が単独ではできなくなります。

 

遺留分対策


遺留分対策としては、生前に相応の贈与をし、遺留分の権利者から遺留分の放棄をしてもらうことや、遺留分を保険金などで準備しておく方法があります。


 

  ご相談の流れ

まずご連絡下さい


お問い合わせフォームもしくは直接当事務所へご連絡ください。無料相談の日程を調整いたします。

まずはお電話ください。

TEL059-329-7086

(受付:平日9:00~18:00)

無料相談


初回相談は無料です。出張相談・土日のご相談も承ります。固定資産税の納税通知書をご持参いただくとスムーズです。状況に応じて税理士等が同席いたします。

ご契約


初回の無料相談を経て、具体的にお手続きをすることが決まりましたら、業務委託契約を頂き、受任します。


司法書士事務所決断サポート

決断サポートグループ

 四日市市堀木二丁目1-1 アーバンKビル3階

TEL059-329-7086/FAX059-329-7087

                           (土日祝を除く平日9:00~18:00)