相続放棄はいつから3ヵ月以内にしなければいけないのか?(相続放棄について前編)

平成30年5月**日午後、

以前からの知り合いであるAさんより電話がありました。

 

Aさん「先生、えらいこっちゃ!!

今、B宛てに金融会社より借金返済請求の手紙が来たんやけど、

分からんもんで、先生に電話したんですわ。」

 

私「まぁ~、Aさん落ち着いてくださいよ。

B君は、その金融会社からお金を借りていたんですか?」


Aさん「違うんですわ。Bの父親甲が亡くなったそうで、その金融会社に甲は借金があり、返済が済んでなかったもので、

相続人のB宛に借金の返済請求の手紙が来たんですわ。」


私「甲さんが、いつ亡くなったか分かります?」

 

Aさん「B宛の手紙には、平成30年2月✕✕日には亡くなった、と書いてありますわ。

なんで、甲の借金をBが負わなきゃならんのですか!!こんなわけわからん借金をBが背負うんだったら、先生、Bには相続放棄させようと思っとるんですが、

相続放棄は死んでから3カ月以内にしなきゃダメなんですよね。

あと、1週間しかないですわ!!どうしよ、先生。」

 

私「Aさん、落ち着いてくださいよ。

今一番大切なのは、B君が甲さんが亡くなったのをいつ知ったかなんですよ。

平成30年2月✕✕日に亡くなったって、おじいさんやおばあさん、または親戚からは連絡がなかったんですか?」

 

Aさん「いやいや、なんも連絡はなかったようですわ。

甲とCが離婚し、その後は連絡も取っていないとのことで、BもCも今回の手紙で甲が亡くなったのを知ったんですわ。」

 

私「Aさん、だいたい内容が分かったので、そんなにあわてなくてもいいですよ。

今から、その手紙を拝見にそちらに伺いますから。

あとB君も同席できるようならお願いしますね。」

 

 


※金融会社からの手紙に内容は、甲が平成30年2月××日に亡くなり、

その唯一相続人であるBに対する借金の返済意思の確認についてのもので、

一度連絡がほしい旨の文面でした。

 

B君も同席できたので、甲さんが亡くなったのを知ったのは、

この手紙届いたときに間違いないとの確認がとれました。

 

B君には、甲さんには他にプラスの財産が有るかもしれないので、

その調査後でも相続放棄の手続きは遅くないのでは、と話しましたが、

長年にわたり連絡もないので、甲さんの相続にはかかわりたくないとの事でした。

 

その後、B君から相続放棄書類取得などの委任状をもらい、戸籍の徴収をし、

甲さんの死亡日並びに甲さんとB君の相続関係の確認をし、

後日、家庭裁判所にB君の相続放棄陳述書を提出し、無事完了いたしました。

 

B君には、金融会社に現在相続放棄の手続きをしている旨、連絡するようにお願いしておきました。


法律(民法915条1項本文)では、

「相続人は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に、単純承認、限定承認、または相続放棄をしなければならない」と定められています。

 

 


今回のケースでは相続放棄ができる3ヶ月の開始日(起算日と言います)は、

甲さんが亡くなった平成30年2月✕✕日ではなく

金融会社からの手紙が届いて、B君が甲さんが亡くなったことを知った平成30年5月✕✕日から

3ヶ月以内となりますので注意が必要です。



これで一安心・・・・ではなく今回の話はまだ続きます。

 

次回をお楽しみに!