· 

いい遺言の日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去る11月15日は、「いい遺言(いごん)」の日とのこと。

 

遺言は、その人の想いをカタチにする行為です。

 

資産承継のご相談でよくお聞きするのは、「うちはそんな資産がないから」とか、「うちは何も問題ないから」とおっしゃられます。

 

確かに、何も問題がないことが一番です。

しかし、何も問題がなければ...カタチに残しても問題ないのでは?とアドバイスさせていただいてます。

 

親から子へ大切な資産を繋いでいくために、親の気持ちをカタチに残すことによって、その想いが実現できるという素晴らしい行為だと考えております。

 

反面、ご自身で一生懸命考えて、想いをカタチにしても、法律というルールがあるために、残念ながらうまく承継できない例もございます。

そうならないためにも、信頼できる専門家のサポートを受けることをお勧めします。

 

もちろん私達もそのお手伝いができます。

是非皆様の想いをお聞かせください。