オー、ミステイク!!

様こんにちは。

 

司法書士の深田です。

 

 

早いもので、1年の半分が過ぎようとしています。

 

日常業務に追われ、月日の経つのがとても速く感じられます。そんな折、やってしまいました、ミステイク!!

 

 

長~いGWも終わり、五月晴れの、とある日、不動産業者様より、購入したい物件が有るんですが、所有者の方が亡くなっており相続登記が未了ですので、相続人の方に連絡をとり、相続登記を進めて頂きたい。との1通のメールが届きました。

 

 早速、相続人の一人である乙野花子様に連絡をし、相続登記に必要な戸籍等の徴収をお願いいたしました。

 

 

 

後日、乙野花子様より、戸籍等の徴収が出来たとの連絡が入りましたので、今後の相続登記に関する流れの説明も含め、ご自宅にお伺いいたしました。

 

 

私「司法書士の深田と申します。宜しくお願い致します。」

 

 

乙野花子「ご指示いただいた、父(被相続人 甲野太郎)の相続登記に必要な戸籍等ですが、漏れがないかチェックをお願いいたします。」

 

 

私「・・・そうですね、これで戸籍等の必要書類は揃っています。甲野太郎さんは昭和48年に亡くなっていますね。亡くなって45年も経ってしまいましたが、戸籍等も揃っていて良かったです。」

 

私「ところで、相続人は甲野良子(妻)・乙野花子(長女)・丙野次子(次女)様の3名ですが、

  どなたの名義にされるか決まっていますか?」

 

 

乙野花子「母と妹とも話し合ったのですが、小さな土地と古い建物ですし、そこには住む事もないし

     売却も決まっているので、3名の名義にしようと思っているのですが。」

 

 

私「分かりました。それなら、法定相続分の持分で登記を付けましょうか?

  遺産分割協議書を作成する必要が無いので、費用も安くなりますしね。」

 

 

乙野花子「では、その法定相続分での登記をお願いします。」

 

 

私「甲野良子様4分の2、乙野花子様4分の1、丙野次子様4分の1となります。

  その持分で宜しければ、相続登記用の委任状を作成しますので、3名のご印鑑のご用意をお願いいたします。

  委任状への署名押印日の日時を後日連絡させて頂きます。ありがとうございました。」

 

と、乙野花子様宅から帰所となりました。

 

 

 

 

ここまでで、私がしてしまった大きなミステイクはお分かりですか?

 

 

 

答えは・・・次回をお楽しみに!!