孫を養子縁組?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもお世話になっております。

 

先日、資産承継のご相談をお受けしている中で、孫を養子に迎えたら?とのお尋ねがありました。

相続税対策として、特に税理士先生がご提案されているのを拝見します。

孫を養子にすることで、「相続税の基礎控除」や「生命保険金の非課税枠」が増やすことができ、

更に世代を飛ばして相続させるという効果もあるので(税的には)有効な手段となり得ましょう。

 

しかし、デメリットもあります。

 

①一般的な家族関係が崩れてしまうので、家族全体のバランスが保てるのか

 →これは、遺産分割協議の際に、まとまりにくくなる要素になる可能性があります。

 

②養子を孫にした際、その子が未成年の時に相続が発生(=養親の死亡)したら?

 →通常、親権者がその子に代わって判を押すなどしますが、このケースでは、実の親は親権が

  ありません。親権は「養親」となります。そうなりますと、親権者が代わりに判子を押すこ

  とができなくなります。

 

結果、その未成年の孫のために、「家庭裁判所」で「未成年後見」の申立をする必要があります。

手続は一気に煩雑となり、思ったような資産承継ができなくなる可能性もあります。

 

お孫さんを養子に迎えることは、相続対策にはなりますが、以後のライフスケジュールも想定して

メリット・デメリットを提示した上で、お客様によくよく考えていただくことが必要かと思います。

相続や資産承継の対策には、思わぬ落とし穴がいくつもあったりしますので、信頼できる専門家に

ご相談いただくことをオススメいたします。

Y