相続登記で登記済証(権利証)は必要?

皆様こんにちは。

 

司法書士の深田です。

 

 

今回は、相続登記において登記済証は必要か?です。

 

 

 

 

 

相続登記の相談時によく聞かれることで、被相続人の登記済証を探したのですが見当たりませんが、

相続登記が出来ますか?との質問を受けることが有ります。

 

 

 

 

相続登記では、原則登記済証は必要ありません、とお答えしますが、

次のような場合は登記済証が有れば非常に助かります。

 

 

 

相続登記において、被相続人の不動産取得時の住所(登記簿上の住所)から死亡時までの住所の経緯を証明する必要があり(被相続人の同一性の証明と言います)、戸籍の附票・住民票の除票により、それを証明することになります。

 

 

しかし、被相続人が不動産取得時から、死亡時までの間に住所を転々としたり、また、不動産を取得したのが何十年も前ですと、戸籍の附票・住民票の除票の保存期間満了等により、それらが破棄されてしまうため、その経緯を証明することが出来ない場合が生じます。

 

 

 

そのような場合は、従前は①相続人全員の申述書②不在籍・不在住証明③課税証明書等々の書類が必要となっておりました。

 

 しかし、法務省民二第174号(平成29年3月23日)の通達により、住所の経緯を証する書面が無い場合には、登記済証が有れば前記の①②の書面等が不要となりました。

 

 この通達は、司法書士やお客様の負担の軽減になり、とても助かるものとなりました。

 

 

 

このように、相続登記において登記済証は原則不要ですが、必要となる場合もありますので、大切に保管しておくように心がけて頂きたいと思います。

 

 

 

なお、私事になりますが9月18日に62才の誕生日において、スタッフからお祝いのケーキ&ハッピーバースデーソングのプレゼントを頂きました。

 

 スタッフに恵まれた環境で業務が出来ることに感謝した次第です。

 

ありがとうございました。